2009年05月13日

ブルートチーフでの悔恨の預言者対策

『ブルートチーフVS悔恨の預言者』

リプレイ動画

マップ:The Docks
MAP_2v2_The_Docks.jpg

ブルートチーフ:階級=キャプテン:TS=35
 VS
悔恨の預言者:階級=少佐:TS=??


マップは「The Docks」、預言者相手だと、このマップに当たったのはラッキー。
・敵基地から自基地までの距離が遠いので、3つめのシールドが邪魔されずに建設できる。
・バンシーでの荒らしがやりやすい。
というのが理由ですねー。

【オーダー】
・オーダーは預言者対策オーダー「神殿→資源→シールド→資源→資源→飛行機工場→資源」

【兵構成】
・基本の兵構成は「ブルート+バンシー」

最近の預言者対策は、シールドを貼って抜き合いに持って行くのが一番安定している気がしますね。
作戦の概要は、このまえHJCに投稿した記事があるので、それを以下に転記します。

自陣はシールドがあるので防衛よりも、敵陣をバンシーで破壊することを優先し、その後の作戦は相手の出方で決めます。

■パターン1
相手が防衛に戻ってきたならば、バンシーで荒らして時間稼ぎをします。バンシーは預言者と戦わさせずに、敵基地をぐるぐる回って施設を破壊します。リーダーの相性としては、時間が経てば経つほどほど、ブルチーのほうが有利になると思いますので、長引けばこっちのもんです。

■パターン2
相手がシールドは張っていない、かつ、自陣を無理に突破しに来たならば、抜き合いに持ち込みます。こっちはシールドを張っていますし、バンシーのほうが攻城能力が高いので、抜きあいではまず負けません。

■パターン3
相手がシールドは張っている、かつ、自陣を無理に突破しに来た、かつ、抜きあいでは負けそうな場合、バンシーを貯めてから、預言者を撃退します。預言者は足が速いのでバンシーの機動力で追いかけます。


今回のリプはパターン1ですねー。シールド貼られてますが、基本的にこちらのペースに持っていけた感じですね。

預言者対策は、この戦略にしてからほぼ負けなしなので、調子がいいです。
ポイントは、
・敵の着弾より早くシールドを張る
・荒らしのバンシーを死なせない
ですね。

シールドさえ貼れれば、預言者の序盤のアドバンテージを無効化できるので、かなり有利になると思います。


posted by Monmonkey at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | HALO WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119402255

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。