2010年01月23日

Android開発開始!

Google Androidアプリを開発すると決めて早5日が経った。
平日中に入門書を一通り読了しておいたので、大体の概要はつかめた感じである。

Androidのアーキテクチャは、構成図を見る限りだと、非常に開発者に親切なアーキテクチャの様に見える。
階層型構造のクラス構成、各クラスの明確な役割分担、といった感じで非常にGOODだ。
VC++をメインでやってる私としてはこういった最近の洗練されたアーキテクチャ上で開発できるのはそれだけで嬉しいもんだ。
サンプルソースを読んでみても、これなら簡単にアプリケーションが作れそうな雰囲気である。

イメージとしては、Windowsのダイアログベースの開発をやった事があるならば、すんなり入ってこれるんじゃないだろうか。
コントロールを配置して、イベントハンドラを実装する感覚に近いように見受けられる。まぁ実際に開発してないから何ともいえないけどね。


『早速、開発環境の構築から』

というわけで、今日は早速開発環境を作った。

大まかな流れとしては、
・JDKのインストール
・Eclipseのインストール
・Android SDK のダウンロード、セットアップ
・EclipseにAndroidプラグインを設定
ってなところ。

ちゃちゃっと環境作って、Android携帯エミュレーターを起動させたけど、半端なく遅い。

体感的には10分くらいかかってたんだが。。。

Android携帯エミュレーターが悪いんじゃなくて、私のPCが駄目なんだろう。

とりあえず環境構築は完了し、典型的な「HelloWorld」アプリケーション(一番簡単なサンプルプログラム)を作るところまでやってみた。
本当は1つくらい自作のサンプルアプリを作るところまでいこうと思っていたんだけど、HelloWorldアプリの起動〜表示までに14,5分近くかかっていたのでやめた。

どんだけ遅いねん。


『こんなんじゃ開発できねぇ』

こんなんじゃ開発できねぇー。

と、いうことで、早速パソコン工房のオンラインショッピングにアクセス。
どうせPCなんてインターネットと音楽再生くらいにしか使わないので、今より開発がマシになれば、スペックなんてどれでもいいや。どれ買っても今よりマシだろう。

予算は7万円くらいまでにしたかったので、7万円のやつをピッピッピと選択して購入。
ちゃちゃーん、本日の作業完了〜。


あ、そうそう、今日調べたことや役に立ったサイトを紹介しておこう。
特にAndroid携帯エミュレーターの起動方法が分かりにくいので、下のサイトは役に立った。

【Android携帯エミュレーターの起動方法】
http://www.taosoftware.co.jp/blog/2009/04/android_sdk15_emulator.html

【「main.out.xml」が作成されて実行失敗する】
http://ameblo.jp/pandy555/entry-10386992588.html

ちなみに、上記サイトの情報だけでは足りなかった部分があって、「main.out.xml」は、プロジェクトエクスプローラーで「xml」ファイルを選択している状態で「実行」しようとすると、作成されるみたい。(たぶん)
つまり、eclipseで「実行」をするときはxmlファイルを選択しないようにする必要があるみたいですな。

理由は英語サイトに書いてあったけど、よく読めなかったので、詳細は知りたい人は以下のサイトもどうぞ。

【「main.out.xml」が作成されて実行失敗する】
http://androidforums.com/android-developers/34260-new-developer-problem-please-help.html


さーて、続きの開発は来週から再開である。


posted by Monmonkey at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Google Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。