2009年05月13日

ブルートチーフでの悔恨の預言者対策

『ブルートチーフVS悔恨の預言者』

リプレイ動画

マップ:The Docks
MAP_2v2_The_Docks.jpg

ブルートチーフ:階級=キャプテン:TS=35
 VS
悔恨の預言者:階級=少佐:TS=??


マップは「The Docks」、預言者相手だと、このマップに当たったのはラッキー。
・敵基地から自基地までの距離が遠いので、3つめのシールドが邪魔されずに建設できる。
・バンシーでの荒らしがやりやすい。
というのが理由ですねー。

【オーダー】
・オーダーは預言者対策オーダー「神殿→資源→シールド→資源→資源→飛行機工場→資源」

【兵構成】
・基本の兵構成は「ブルート+バンシー」

最近の預言者対策は、シールドを貼って抜き合いに持って行くのが一番安定している気がしますね。
作戦の概要は、このまえHJCに投稿した記事があるので、それを以下に転記します。

自陣はシールドがあるので防衛よりも、敵陣をバンシーで破壊することを優先し、その後の作戦は相手の出方で決めます。

■パターン1
相手が防衛に戻ってきたならば、バンシーで荒らして時間稼ぎをします。バンシーは預言者と戦わさせずに、敵基地をぐるぐる回って施設を破壊します。リーダーの相性としては、時間が経てば経つほどほど、ブルチーのほうが有利になると思いますので、長引けばこっちのもんです。

■パターン2
相手がシールドは張っていない、かつ、自陣を無理に突破しに来たならば、抜き合いに持ち込みます。こっちはシールドを張っていますし、バンシーのほうが攻城能力が高いので、抜きあいではまず負けません。

■パターン3
相手がシールドは張っている、かつ、自陣を無理に突破しに来た、かつ、抜きあいでは負けそうな場合、バンシーを貯めてから、預言者を撃退します。預言者は足が速いのでバンシーの機動力で追いかけます。


今回のリプはパターン1ですねー。シールド貼られてますが、基本的にこちらのペースに持っていけた感じですね。

預言者対策は、この戦略にしてからほぼ負けなしなので、調子がいいです。
ポイントは、
・敵の着弾より早くシールドを張る
・荒らしのバンシーを死なせない
ですね。

シールドさえ貼れれば、預言者の序盤のアドバンテージを無効化できるので、かなり有利になると思います。


ラベル:Halo wars 預言者 攻略
posted by Monmonkey at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | HALO WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

ブルートチーフでのアンダース教授対策

私はTVチューナーを使ってゲーム動画を撮っているが、前のTVチューナーがしょぼくって、画質がしょぼかったので、最近新しいのに変えました。

めちゃくちゃ綺麗なわけではないけれど、前よりは幾分良くなったので満足なのである。というわけで、早速動画とりました。

今日はアンダース教授と続けて2戦当たり、そして2連勝っ!調子いいぜいー。
私なりのブルートチーフでのアンダース対策が完成して以来、アンダースはあまり脅威ではなくなってきた。と、強気になってみる。
さーて、というわけで動画いきます。

『ブルートチーフVSアンダース教授』

リプレイ動画

マップ:The Docks
MAP_2v2_The_Docks.jpg

ブルートチーフ:階級=キャプテン:TS=35
 VS
アンダース教授:階級=キャプテン:TS=??

マップは「The Docks」、このマップは基地の増築がやり易いので、思わず基地増設して内政重視にしたくなるマップだ。


相手はアンダースなので、私の作戦は以下になる。

【攻めるタイミング】
・アンダース教授相手に内政勝負を挑むのは無謀なので、早めから兵は出しっぱなしで早めに攻める。
・できれば攻めるタイミングは、基地増設を始めたあたりの一番嫌がるところを攻めたい。

【オーダー】
・オーダーはホグR対策オーダー「神殿→資源→資源→タレット→資源→タレット→資源」

【兵構成】
・基本の兵構成は「ハンター+ブルート」
・アンダースなので、大抵ホグで来る可能性は高い。のでホグ対策多めで。


ブルートチョッパーで偵察してたら、「歩兵育成所」を作っていることが判明。
兵構成は「ハンター+ブルート」から「ハンター+ブルート+ジャッカル」に変更。
一応ホグはいると思うので、ハンターを3〜4くらい生産したら、ジャッカルに切り替えるように作戦を切り替えることに。

これも過去の失敗から学んだことですなー、火炎放射兵がいること必須なので大急ぎで生産なのである。

さらに、基地の増設をしていることが判明した。思ったより早いなぁ、こりゃ作戦的に長引くと負けるだろうし、急いで攻めることに。。

と、攻め込んだところ、敵の兵構成は「ホグ+火炎放射兵」。基地増設が早かっただけあって、兵の数は少なかった。こいつぁ予想通りだぜぇーっ!というわけで兵量の差を活かして勝利であーる!

今回の勝因は、偵察、ですねぇ。相手の作戦がわかっていたので対策がうまく行ったというところでしょうか。


『ブルートチーフVSアンダース教授、さっきとは別の人』

リプレイ動画

マップ:Blood Gulth
MAP_1v1_Blood_Gulth.jpg

ブルートチーフ:階級=キャプテン:TS=35
 VS
アンダース教授:階級=キャプテン:TS=??


マップは「Blood Gulth」、このマップはボーナスリアクターとフォアランナーの物資エレベーターがあるのがポイントだ。私は、速攻でもない限り、この2つは取るようにしています。

【攻めるタイミング】
・アンダース教授相手に内政勝負を挑むのは無謀なので、早めから兵は出しっぱなしで早めに攻める。
・ボーナスリアクターとフォアランナーの物資エレベーターを取りつつ、そのまま敵陣になだれ込むようにしよう。

【オーダー】
・オーダーはホグR対策オーダー「神殿→資源→資源→タレット→資源→タレット→資源」

【兵構成】
・基本の兵構成は「ハンター+ブルート+ジャッカル」
・このマップはボーナス設備があるため、相手は歩兵を出してくることが多い。
・よって、ジャッカルは多めで。

マップ上から当初の作戦通りにボーナス設備を取りながら進軍。

敵が中立基地を破壊していることを発見したので、敵のメイン基地ではなく、2つ目の基地奪取を邪魔する方向に作戦変更。
基本的に、防衛側のほうが有利なので、リスクが少なくてメリットの大きいほうを選択するのであーる。

相手が基地を作ったタイミングで、一気に攻撃を仕掛けようと思ったけど、なかなか攻めてこない。
まぁ、その間、決戦に向けて兵を増強しておく。兵の強化が終わったら、攻めるかぁー、なんて思ってたら来た。

歩兵+ホグ構成だ。予想通りぃっ!
というわけで、ここで勝ってそのまま資源差をつけて勝利。

最初の軍同士の当たりで勝負が付いた感じですね。
あのまま一気に行ったほうが良かったんだろうけど、BOOMしちゃった。

RTSは逆転要素も多いので、勝負は決めれる時に決めないといけないと思うんだけど、ついビビッて引いてしまうんだよなぁ。


posted by Monmonkey at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | HALO WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

アービターを使ってみた

『ブルートチーフから見たアービターの恐怖』

これまでブルートチーフを使ってきたけど、アービター戦が苦手だった。
何せ、リーダーパワーのアービター無双(怒り)が強い。

これまでどれだけの兵隊がアービターの犠牲になってきたことか。。。
ブルートチーフから見たらアービターは強すぎに見えるけど、隣の芝生は青く見えるもの、自分でもちょっと使ってみようと思い立った次第です。


『うぉぉー!アービター強えぇぇーーー!!』

早速アービターを使ってみた、が、半端なく強かった!
リーダー一匹で敵を全滅させられるって、、強すぎる!

特に「バンシー+アービター」の構成がお気に入り。
バンシーで荒らして、分散した敵をアービターで葬るって感じですね。

あと相手がアービターを警戒しているのがなんとなく肌で感じる。
いや、めちゃくちゃ気持ちが分かるんですが。笑

ええ、容赦なくアービタァーー無双だぜぇぇーーーー!!



『フォージ軍曹にフルボッコにされる』


ちょっと調子に乗ってた。ノリノリだった。
預言者も怖くねぇとか思ってた。

が、勝利はそんなに長くは続かなかった。

戦車に向かって突撃、アービター無双ぅぅー!!ヽ(`・ω・´) ノ

しかしながら、妨害爆弾が投下されて戦況は一変。

あんなに元気だったアービターも、しゅんとなってしまい見る影もなくなってしまった… (´・ω・`)ヽ …

てな具合で、アービター、リーダーパワーが強いだけにUNSCの妨害爆弾が辛いなぁ〜。
特に戦車構成で攻めてこられると辛い。
こっちが攻める分には妨害爆弾が出されたら引けばいいだけなんだけど、攻められると辛いぜい。



『ブルートチーフからもフルボッコ』

あろうことか、ブルートチーフからもフルボッコに…

とはいえ、これは勉強になった1戦だった。
ブルートチーフでアービターに勝つための対策事例だったからだ。

相手の戦略は、速攻だった。
しょっぱなからブルートチーフ単体で攻めてきて、後からブルートが送られてくる感じだ。
リーダーパワーを使うための資源が貯められずそのままやられてしまった。


試合後、対戦相手の方が親切にアドバイスをしてくれました。
アービターは序盤が弱いので最初にシールド張っていないと終わってしまう、とのこと。
うう、XBOXだと文章を作成するのはすごく面倒なのに、なんて親切な人なんだ。ちょっと感激である。

そして、これは勉強になりましたなー。
序盤はブルートチーフのほうがアービターよりも優勢とは考えていなかった。

最近はブルートチーフで迎え撃つ戦略が多かったので勉強になったなぁ。
ブルートチーフの戦略の幅が広がった感じだぜい。



速攻について、参考までに、レジェンダリーCPU相手に動画を作ってみました。

動画はこちら

CPUが阿呆なのはともかくとして、マルチでも少佐アービター相手に2勝した戦略なので、そこそこ使えるのではないかと思います。
ポイントは相手にシールドを張られる前に攻めることだと思いまっす。

posted by Monmonkey at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | HALO WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

リプを見て勉強なんだぜ

『上級者のリプを見てみた』

1vs1のTrue Skill も35で停滞気味だ。ちょっと勉強するか。
というわけで、うまい人の動画を見ることにしました。HJCにお出かけだぜっ。

RTSの上達の秘訣はやはりリプ観戦だもんなー。
勝つために勉強しちゃうんだぜ!


『半端なく上手かった…』

いやはや、脱帽ですよ。
感想を言うと「もう、上手すぎ!ハンパネェー!」というところ。

思いついたことを列挙すると
・兵操作が上手すぎる
・戦略の引き出しが多い。
・状況で即座に作戦を切り替えることで、逆転が多々発生する。
・よって、一方的なゲームになりにくい。
・アンダース教授、フォージ軍曹、預言者のユーザーが多い。
・あれ?ブルートチーフあまり見かけないぞ。。?


といったところ、やっぱリプは勉強になるなー。これからはリプをたくさんみて、戦略の引き出しを増やしていこう。


『ブルートチーフ使いはあんまりいないのか?疑惑』

そして、ブルートチーフは1vs1ではあんまり出会わない。やはりユーザーは少ないんだろうか。
たしかに、辛いもんはある。
・なんといっても足が遅い。ものすごーく遅い。
・ホグにしろ、ホークにしろ、預言者にしろ、振り回され放題だ。
・振り回されているときとか、ちょっと悲しくなる。


でも、いいところもあるのだ。
・ブルートが優秀。
・ブルート、後半になればなるほど頼もしくなってくる。
・ブルート+ジャッカルとか、ブルート+バンシーとかなんにでも組み合わせ可能で、マイルドな仕様。
・ブルートチョッパーが頑丈
といったところか。


預言者にもよく負けるし、アンダースにもよく負ける。
でもいいのだ、なんか、頑張ったら勝てそうな気はするから。。たぶん。


実は、一番気になるのは、アービターだ。
なんか、ブルートチーフとは相性が悪いような。。
前半も中途半端なジャッカルの数だとアービター無双で蹴散らされ、後半になってもアービター無双で蹴散らされる。


まぁ私の腕に問題あるんだろうけども。。
そろそろ、他のリーダーを使い始めてもいいのかもしれないなぁ。
新しい戦略が見えてくるかもしれないもんなー。
posted by Monmonkey at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | HALO WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

預言者のレイスRに惨敗なのだ

ブルートチーフ(TS35) vs 預言者(TS??)

動画はこちら

預言者との対戦です。
早い段階でラッシュが来るんだろうなぁと思ってたら1分半くらいで来た。
予想はしていたが…早いぜ…! (´д`、)アゥゥ

こうなったらジャッカルを貯めて一気にカウンターを狙おうと思ってたけど、レイスが登場してきてこりゃ駄目だぜ。。というパターン。

いやー、こりゃ駄目ですなぁ。
このままじゃ、勝てる見込みはないし、もうちょっと対策考えないといけないぜ。



『抜きあいに持ち込むのもいいんじゃない?』


序盤の預言者、すごく有利に見えるけど、さすがに序盤なので預言者だけじゃぁ基地を落とすには時間がかかるよなぁ。


そこで、考えた作戦は、
神殿→資源→シールド→資源→航空兵器というオーダー。


預言者は早くて1分30秒ほどで来ることが分かったので、
3つ目の建物のシールドは、なんとか間に合うだろう。


その後、機動性が高く、建物攻撃力の高いバンシーで相手の基地を攻める戦略だ。
そう、防衛は破棄して抜き合いに持ち込むのである。


この戦略だと、
・相手がシールドを張っていない場合
・相手がレイスを出してきた場合
・相手が儀仗兵を出してきた場合
のパターンで対応できそうだ。


仮に預言者が自陣に戻ってきたら、こっちのもんだ。戦いのペースは握れるだろう。
腕の差はともかくとして、長期戦ならブルートチーフのほうが有利だ。とも思う。


気になるのは、こっちのシールドが持つかだなー。
たぶん大丈夫だと思うけど、これは実践あるのみか。。


ジャッカルでカウンターはやはり厳しいような気がしてきた。
いよーし、次はいっちょ、この作戦で頑張ってみますかぁー!
さぁ預言者かかってこーい!セイセーイ!!

posted by Monmonkey at 13:18| Comment(2) | TrackBack(0) | HALO WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

預言者が弱体化だってぇーー!?

HJCに行ってみたら嬉しいニュースが飛び込んできた。

どうやら預言者が弱体化する模様だ。
こーれは、嬉しいニュースだぁぁぁぁーーー!!
預言者つえぇなぁ、最近一番苦手だよ…と思っていたところだったので、素直に嬉しかった。

正直パッチが当たるとは思っていなかったので、予想を裏切る喜びである。
これがギャップってやつさ、株価沸騰なんだぜ。

さて、どうやら預言者の移動速度が遅くなるそうで。
クックックッ…これであの一方的な嫌がらせも対策が打てそうである。


『預言者の戦略パターン』

まぁ、パッチがいつ当たるのかは分からないので、現状での預言者について考察してみよう。
今のところ、私がよく預言者にやられる戦略について書いてみよう。

・預言者+儀仗兵の即ラッシュ

かなり早い段階で、預言者がこっちに押しかけてくるパターン。
施設を破壊し、徐々に儀仗兵を送りこんでくる。預言者を狙っても、すいーっと逃げていく。
必死の抵抗も空しく徐々に差がついていく感が、…ちょっと切ない。

これの対策は、早めに歩兵育成所を作ることと、タレットを作ることだと思う。
が、しかし、まともに返したことがあまりないので、具体的な話ができないのが残念だ。
心なしか、ボーナスリアクターの無いマップで、この戦略をとられることが多い気がする。


・預言者+レイスの即ラッシュ

たまーに、預言者+レイスの場合もある。
レイスは微妙だと思うが、序盤のレイスはちょっと脅威である。
この戦略もボーナスリアクターの無いマップでやられる場合が多い気がする。

つまり、ボーナスリアクターが無いマップでは、即ラッシュの可能性が高い!…かもしれない。
早めのタレットと、早めの兵士小屋作成が大事っぽい。


・預言者単体強化戦略
預言者のみを一点強化してくるパターンだ。
これは逆に、ボーナスリアクターのあるマップで取られることが多い気がする。

ただし、この戦略に対する対策は出来ている。
ボーナスリアクターのあるマップでは、相手がボーナスリアクターを取りに行くので、攻めてくるまでに時間がかかる場合が多い。

なので、こっちは急いでジャッカルを大量生産しておく。
できればボーナスリアクターを取ってビームライフルまで強化しておきたいところだ。



『ブルートチーフでの預言者対策』

現状でのブルートチーフでの預言者対策は、早めに歩兵育成所を作成し、ジャッカルを急いで生産するのが比較的安定しているようだ。ただし、相手が預言者+レイス戦略だと乙だし、相手が即ラッシュじゃなくてBOOM戦略だったりすると辛い。

やはり、相手の戦略に合わせてヤマを張って戦っているのがいまいち良くない気がするなぁ。

預言者相手の勝率はいまいちだし、もうちょっと対策を練る必要がありそうである。


posted by Monmonkey at 01:13| Comment(2) | TrackBack(0) | HALO WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

ブルートチーフでアンダース教授に勝利

あいかわらずHaloWarsをやっています。
案外面白い、さすがRTSだ、結構長く遊べてるので買ってよかったぜぃ。

さて、今のところ、マルチプレイの強敵は「預言者」と「アンダース教授」ですね。
預言者対策はともかくとして、ブルートチーフで対アンダース攻略について、考察を書こうと思うのであります。


『アンダース教授には負けっぱなしだった』

いや、ほんと、アンダース強いぜぇ!
どうも序盤が弱いらしいけど、ワートホグRで時間稼ぎされて、後半で止めを刺されるパターンが多かった。
ブルートチーフでの対アンダース戦。試行錯誤の歴史を以下に箇条書きで示します。

・即タレット×2建ててBOOM作戦

序盤のワートホグRは防げるようになった。が、その後のラッシュでやられる。テクノロジーを研究して、レーザービームみたいのを撃つワートホグが出だしたら厄介だ。そこをなんとか耐え凌いでも、じきにホークが出るようになる。ホークが出たら乙だ。

結論、アンダース相手にぬくりあい(BOOM戦略)は不利だ。


・即タレット×2建てて、ブルート+バンシー作戦

やはり、守ってても勝てない、長期戦だとホークに勝てる気がしない、と悟る。
そこで、タレットで序盤を凌いで、ブルート+バンシーで攻める。
これはなかなか良かったが、冷凍爆弾でバンシーが凍らされるリスクがある。
そして、よく凍らされて負けていた。

結論、バンシーはちょっと私の腕ではさじ加減が難しい


・即タレット×2建てて、ブルート+ハンター作戦

もう飛行機なんて出しません。アンダースの冷凍爆弾なんて怖くないぜ!作戦。
これも結構良かった。が、切り替えの早い相手の場合、火炎放射兵を出されたら辛かった。
一旦引くことになるが、ここから持ち返せないことが多かった。
また、偵察されて、敵側であらかじめ火炎放射兵を作っていることが多かった

結論、私は空を飛べないけれど、火炎放射兵はどうにかする必要がある。



『即タレット×2→ブルート+ジャッカル+ハンター』

今のところ、この戦略が一番安定している模様だ。
ちょうどリプも取れたので、UPしておきます。

しょぼい動画はこちら


今回は、
・相手がワートホグラッシュしてこなかった。
・相手がBOOM気味の戦略だった。
・リアクターを取っていなかった
などの運による要素大きかったです。


ワートホグRはしてこなかったですが、タレット×2は、対UNSCでは私は鉄板戦略としています。
タレット×2はワートホグR対策の保険です。タレット×2さえあれば、ワートホグRは返せます。

そして、施設建てる位置と、タレットの立てる位置、建てる順番は、リプの順番(神殿→資源→資源→タレット→資源→タレット→資源)で固定です。これが一番安定している気がします。相手が荒らしに来る前に2つめのタレットが建てれないとかなり辛いので、急いで建てます。

ちなみに、もし仮に攻めてくる気配がなければ、リサイクルに回しちゃうのです。
今回はそのパターンですね。資源に回しました。


リアクターがあるマップかどうか、とかで戦略は大きく変わるので、この戦略もまだ改良が必要かもしれないですねぇ。

とりあえず、今の結論。


アンダース教授相手には、長期戦は不利だ。早めの段階でケリをつけよう。

である。

posted by Monmonkey at 17:34| Comment(3) | TrackBack(0) | HALO WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

仕事が忙しくなってきた

ううーん、最近仕事が忙しい。。
連休も仕事だったし、帰りも遅い。非常に大変だ。。


Halo Warsの1vs1 True Skillは34のままである。

1vs1の対戦って、スキルにあわせたマッチングみたいなのって行われているのかな?
妙に強いのと突然当たったり、そうでもない相手と当たったり、相手の強さがバラバラに感じるんだけど…?
相手のTrueSkillを見ることって出来ないのかなぁ。ちょっと気になるぜい。


さて、しかしながら、True Skill 34になってからは強敵によく当たるようになった。
特に印象に残っている敵の戦略がいくつかある。



『ワートホグR』

開始数分でワートホグで荒らしにくるやつだ。
今のところ、私が最もよく見かけるパターンである。

よくあるパターンが、
(1) ワートホグで振り回しておいて、ホーク+ワートホグで止めを指しに来るパターン
(2) ワートホグの一点強化で来るパターン

どちらのパターンでも対策は今のところ未完成だ。
今考えているのは
・ホーク+ワートホグの構成が整ったら、その時点で負けの可能性が高い。それは相手にとっての勝ちパターン成立の時だ。
・ワートホグの一点強化で来るパターンも同じく、相手の準備が整った時点でこちらの負けの可能性が高い。
といったところ。

ワートホグがやってきたら、ブルートで返り討ちだ!作戦とか考えたけど、ブルートの足じゃ追いつけず、その光景はまるで、トラックに乗った兵隊が、走るゴリラに対して、一方的にりんごを投げつけるような、ひどく痛々しいものだった。

ブルートごめんよ。私の作戦が甘かったばかりに…!


というわけで、UNSCが相手だと、無条件にタレットを建てるようにしたけど、こちらのほうが安定している模様だ。


とりあえず、対策としては、
・タレットを建てる
・兵構成はブルート+バンシー
で考えているけど、果たしてうまくいくかどうか。。。

ここはぜひともブルートでフルボッコにしてやりたいところである。
また、対策が完成したら動画作成するかぁー。


posted by Monmonkey at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | HALO WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

ローカストでじわじわ攻めるのである

今日は戦略について思うことを書こうと思ったけど、戦略って状況によってコロコロと切り替えるものなので、一概には言いにくいなぁと思ったり。


というわけで、動画を上げて、それの解説するほうが分かりやすいかと思ったわけですね。早速動画つくりました。3000円くらいのTVキャプチャー使っているんで、驚きのしょぼさです。

しょぼい動画はこちら


さて、まずは動画の概略を説明すると、今回は私の得意な勝ちパターンである「ローカストで遠距離からじわじわ侵略作戦」のサンプル動画にしようと思いました。


が、実際にプレイしてみると、途中で相手のラッシュが来たので、作戦を切り替えて撃退。
しかる後に、「ローカストで遠距離からじわじわ侵略作戦」を再開して勝ったパターンです。


私の場合、大抵は最終的にはこの「ローカストで〜作戦」で相手に止めを刺すことが多いです。
つまり、「ローカストで〜作戦」の発動こそが、私の勝ちパターン。そして、いかにしてこの状況にまで持っていくかで勝敗が分かれます。



『序盤の解説』


マップはRELEASEです。このマップは基地同士の距離が比較的遠いので、内政重視気味の戦略を選択しました。
オーダーは
神殿→倉庫→倉庫→倉庫→倉庫→倉庫


ブルートを早めに生産し、2分台で2つ目の基地を落とすのがポイントです。2つ目の基地の最初の建造物を歩兵育成所として、歩兵育成所を建てたら、以降は続けざまに兵を生産します。ランチェスターの法則にあるように、兵の量はものすごく重要です。大急ぎで生産します。うっほほーっい↑↑↑

序盤に内政重視にしたために、兵の生産がやりやすくなります。


なお、1つ目の基地で育成所を作成しないので、兵の生産が随分と遅くなるのがネックです。即ラッシュとか食らうと即負けるリスクがあります。ただし、マップの特性上、即ラッシュは相手にもリスクが高いので、この戦略を選択しました。



『一つ目の山場は越えたので、早速攻めます』

ここまで生き延びたので、勝率が上がりました。
兵士育成所が作成できたら、早速兵を生産して攻めます。

ここでのポイントは、敵の中心基地ではなく、セカンド基地を狙うことです。
中心基地を攻めるのはリスクが高いです。守るほうが有利なのと、タレットがあるかもしれないからです。
この時点でタレット付きの基地を落とすことは困難と考えられます。
また、3分立っても攻めてこないということは、敵もそれなりの迎撃体制が整っている可能性が高いと考えられます。


また、セカンド基地さえ取らせなければ、基地が2つあるこちらのほうが内政面で有利になるため、結果的に勝率が随分と上がります。


さて、生産するユニットは「ジャッカル」です。建物を壊すのが目的ではなく、ユニットを倒すことが目的になるからです。相手がコブナントの場合は、リーダーがいることは必須ですので、ジャッカルは大いに役立ちます。




『敵が攻めてきた』

と、こちらが攻めたタイミングで、敵が攻めてきたことを確認しました。(4分たったくらいですね)
ここでのポイントは、斥候ユニットを敵の進路上に配置したことです。

これは
敵の兵種が分かる
敵が攻めてきたことが分かる(相手の作戦がわかる)
といった利点があります。


俗に言う偵察ってやつですね。


ここで、急遽戦略を切り替えます。
この「状況による戦略の切り替え」がすごく重要です。


このリプの場合、無理に攻めるのはよして、返り討ちにする戦略に切り替えました。
守って勝つ戦略です。ちなみに、おそらくこのラッシュを返した時点で勝利はほぼ確定だと思います。( ̄ー ̄)ニヤリ


さて、このリプの場合「歩兵編成で攻めてきた」ことが確認できたので、
ジャッカルを急いで生産します。(もし、戦車だったら、もちろんハンターを生産します)
また、返り討ちにするため、兵力を「今の時点」ではぶつけません。
ジャッカルが生産できてきてからです。アンチを用意することと、兵量を多く蓄えることが重要です。



『あ、あっさり返せた。。』


というわけで、あっさり相手のラッシュは返せました。もう、これでほぼ勝利は確定です。
相手の攻撃をしのいだので、今度はこちらから攻めます。


今回は、参考までに「ローカストで〜作戦」を実行しました。

ええ、今回はえらくサディスティックな感じですねー。
「ほーら、そのまま突っ立ってたって勝てやしないよぉーぅ?」
と、じわじわ追い込みます。


もうこの時点で勝っているので、これ以上解説することはありませんが、ひとつこの「ローカストで〜作戦」のポイントを説明しておきます。


今回はこちらの兵構成はジャッカル+ローカストですが、これは相手の兵構成によって切り替えます。
相手の基地は1つなので、せいぜい1、2種類しか兵は出せません。今回、相手は歩兵育成所だとわかっていたので、ジャッカルを大量生産しました。


相手が車両兵器を出しているのが確認できた場合は、バンシー+ローカストになります。飛行機出してきたら、バンパイア+ローカストです。
あ、ちなみに、ローカストは2,3体くらいしか生産しませんね。


「ローカストで〜作戦」のいいところは、こちらから攻めつつも、迎撃体制で迎えることができる点です。
そして、弱点は、準備が整うまでに時間がかかる点ですねー。


この戦略は、そこまでお手軽じゃなく、強い戦略ではありませんが、私は個人的に好きな勝ち方です。
私は即ラッシュみたいな戦略があまり好みじゃなく、相手の即ラッシュを返してから、ローカストでじわじわサディスティックに勝つことが好きなのです。うっしっし。


勝つことも大事ですが、勝ち方にこだわるのが、個人的なRTSの楽しみ方。
まだしばらくはブルートチーフで楽しめそうです。

posted by Monmonkey at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | HALO WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

タートルタートルゥゥー!!

HaloWarsが思いのほか面白い。

最初はコントローラで操作できるのかなー、と思ったけど、慣れたら案外いけるもんである。
辛いことといえば、兵操作が若干辛いかなぁー。部隊を2つに分けたい時とか、ちょっと辛い。


内政とかも、かなりシンプルになっていて、研究の数も少なく、操作量が減っているので、パッドで問題なく操作できる。
若干物足りないかなぁーと思ったが、アンチの要素が面白く、これがゲームを面白くしていると感じる。


なんというか、同じ兵だけ出して力押しっていうのが、簡単には通じないのだ。これが駆け引きがあって、ゲームを奥の深いものにしていると感じる。


1vs1に限ってだけど、私が個人的に「面白いと感じる理由は

・兵の生産速度が早く、アンチの要素が強いので、最初は劣勢でも、やり方次第で逆転できる。
・建物が硬い。また、農民がいないので、攻められても資源は溜まる。
・つまり、敵が攻めてきて、こちらがやや不利でも、建物の攻略に時間がかかるので、十分巻き返しが可能
・序盤は単純な物量だけでは勝負がつかないので、駆け引きがあって楽しい

といったところだ。


昔のAOE3の無印後半時みたいに、即2Rでストレだけ出しておけば勝てる。みたいなことにならない印象がある。(もちろん、戦略がまだ確立されていないだけかもしれないけど…)


さて、私の得意な戦略は、俗にいう「タートル」というやつだ。

序盤は内政を重視しつつも、兵を出す。
相手のラッシュが来たら、守ってカウンター、というやつである。
ブルートチーフがこの戦略に適しているかはともかくとして、AOEに比べてHaloWarsのほうが、こういう戦略はとりやすいと感じる。ラッキー(^ー^)


戦略ゲームでは、自分の勝ちパターンを確立すると勝率が上がると思う
人によって得意不得意があるので、勝ちパターンはみんな異なると思うけど、まずは自分の定石を持ち、マップや相手の文明(リーダー)によって定石を切り替えることで勝率は上がるのではないか、と思う。


と、いうわけで、しょぼいながらも、現状の私の勝ちパターンについて、次回は更新するとするか。

今日は1vs1でTRUE SKILL 34 になったので、次は35を目指すぜぇー!



posted by Monmonkey at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | HALO WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

CPUのオート恐るべし

HaloWarsは1vs1のマップが少ないが、どのマップも個性的だ。
今は勝てているけど、マップによって作戦を変える必要があるだろう。


今のところ、得意なマップは「RELEASE」と「CHASMS」だ。この2つのマップはブルートチーフにとっては比較的有利なマップではないかと思う。


ブルートチーフは序盤の基地取得に優れていると感じる。
「RELEASE」の基地にいるぶよぶよしたやつは、遠距離攻撃ができないため、ユニークユニットのブルートを生産するとノーダメージで基地を制圧できる。
なので、開始→神殿→倉庫→ブルート→倉庫→ブルート、でブルートを2匹も生産できれば、2分40〜50秒くらいで2つめの基地を制圧できる。


また「CHASMS」の場合はブルートは生産せず、「津波」(コスト300)を研究する。研究完了直後にブルートチーフのリーダーパワーで中立基地を破壊する。(基地のHPが1/3くらいになったら、爆発させるのがポイント)あっという間に破戒できるので、実質コスト300でかなり早い時期に2つ目の基地を取得できる。ブルートチーフが若干ダメージを受けるが、普通にブルートを生産するよりも総ダメージは少ないと思う、…たぶん。

というわけで、基地を取得しようと思ったら、中立基地を攻略しないといけないマップのほうが、ブルートチーフのほうが先に基地を制圧できるため、有利に動くと思うのである。

逆に中立基地が存在しない基地とかがあるマップだと、とくにブルートチーフに有利なことは(今のところ)見当たらない。というよりかは、今のところ戦略が思いついていないとも言える。
ただ、これらのマップは基地を取るのはやめて、即ラッシュのほうがいいのかもしれないなー。とはいえ、ワートホグの荒らし攻撃も厄介だ。結局、この作戦じゃ、上位の人には勝てそうもないなぁ。


さて、ここらで、ブルートチーフを使ったリプレイ動画でも取ろうかと思いつく。
実際操作してるのを見たほうが分かりやすいもんなー。


肩慣らしに、ちょっと練習にCPUと戦ったら、歯が立たない。めちゃめちゃ強いんですけどー!?
難易度はオートにしてるんだけど、もしかして、オートにすると自動的に強くなるのかな?
心なしか、オート(96)とかってあるけど、この96が以前は41とかだったような気が。。


レジェンダリーのほうが弱いんじゃないかと思えてくるくらいなので、ちょっとレジェンダリーでラッシュの練習してからマルチプレイをすることとしよう。

ちなみに、現在のランキングは1vs1だと850位くらい、TRUE SKILLが33になったぜぃ。
まずは500位以内を目指して頑張るべぇー!

posted by Monmonkey at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | HALO WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

ブルートチーフ出撃だ!

なんだかんだと忙しくて、全然ゲームできていないぜい。
今のところ26回ほど、ネットで対戦してみた。TottalSkillっていうのかな、一種のランクみたいだけど、3vs3だと2くらい?で、1vs1だと、31にまでなったぜぃ。

現在のプレイ状況


たまーに半端なく強いのと出くわすようになってきたなぁ。
とくにワートホグで振り回してくるのが、強い。ありゃぁ厄介だ。
対策は今のところ思いついていないのである。

ハンターを量産したら、飛行機でカウンターを喰らうという痛い目にあったりした。厄介だぜい。


さて、色々なリーダーを使ってみたいけど、時間がなくて、結局ブルートチーフを使っている。
ブルートチーフ使い易いや。

そして、あんまり数をこなしていないんで、見当違いかもしれないけど、なんとなく各リーダーの特徴が分かってきた気がする。

2009/03/09時点での感想はこうだ。


『預言者』

あんまり使っていないので、何の根拠もなく、適当な予想になります。

リーダーパワー :★☆☆☆☆
リーダー性能  :★★★★☆
ユニークユニット:★★★☆☆

●良いところ
・基本攻撃が射程攻撃であり、射程も結構あるので、比較的長生きできる。突撃したりして死んだりしない
・シールドがあるので、長生きできる。(多少ダメージを受けても、シールドなら回復する?)
・つまり、比較的長生きできるリーダーっぽい。これは嬉しい。
・ユニークユニットの歩兵が、コストパフォーマンスが高い(らしい)。
・なんにせよ、使い道がありそうなユニークユニットだ。


●悪いところ
・リーダーパワーのレーザーが(ほかのリーダーと比べて)あんまり強くない気がする
・レーザーは1体しか狙い撃ちできない。
・でも、預言者はあまり使っていないので、見当違いかもしれない



『アービター』

実はアービターは使ったことがない、敵には何度か出てきたので、こちらは完璧な予想になる。

リーダーパワー :★★★★☆
リーダー性能  :?????
ユニークユニット:★☆☆☆☆

●良いところ
>リーダー
・リーダーの見た目がカッコいい
・MAXまで鍛えたアービターの強さは狂ってる。
・リーダーパワーが強い。ちょっと!ありえんだろwwwwってなるくらい強い

●悪いところ
・リーダーパワーが強いが、序盤は、なんか、それほど脅威ではなさそう。
・後半になると強そうだが、序盤生き残れるか。で見ると厳しそうな?
・ユニークユニットが弱そう…というか、使いこなすのが難しそうだ
・自爆グラント、コスト160って…いつ使うんだ?後半に使い道があるのだろうか?
・序盤こそユニークユニットが欲しいので、ちょっとユニークユニットが厳しいんじゃなかろうか



『ブルートチーフ』

リーダーパワー :★★★★★
リーダー性能  :★☆☆☆☆
ユニークユニット:★★★☆☆

なぜか、メインで使っているブルートチーフ。見た目は残念ながら歩くゴリラだ。

「ブルートチーフ出撃だ!」ウホッ

●良いところ
・リーダーパワーが序盤から強い。神殿のリーダーパワー強化は、必須と思う、早期に研究しておきたい。
・範囲が広く、敵を巻き込めば巻き込むほど威力が高くなる。
・序盤の歩兵同士でぶつかったときとか、強い。(強化してると)リーダーパワーで一掃できる。
・ブルートの使い勝手がよい。遠距離攻撃なので、序盤は何かと使える。強化グラントみたいな感じだろうか。


●悪いところ
・リーダーの見た目が格好わるい
・勇猛果敢なブルートチーフは、近接攻撃しかない男前っぷりだ、しかし、敵の集中砲火をもろに喰らい、早々に逝ってしまう。
・シールドがない。
・ブルートチーフが強いが、大事にしないと、すぐに死んでしまう。


『というわけで』

今日もブルートチーフで頑張ろう。

「ブルートチーフ出撃だ!」ウホッ

ブルートチーフ、彼は勇敢な戦士であり、たとえ弾丸の嵐のなかでも単体で敵陣に突っ込んでいく。
近接攻撃をするのは彼一人、弾丸は怒涛のごとく被弾、そして、あっさり死んでいく。

「ブルートチーフ出撃だ!」ウホッ

頼むから、もうちょっと後ろでいて欲しい。


posted by Monmonkey at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | HALO WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

ブルートチーフでレジェンダリーに勝利!

いまいち文明(リーダー)ごと、違いがよく分からないので、分かりやすいサイトないかなーと探していたら「HJC」なるサイトを見つける。


HaloWars JP Communityの略らしいが、あれ?なんとなく「AJC(AoE3 JP Community)」に似てるなぁー、と思いつつも、掲示板を見たらmatsujunさんの名前が!!?


どうも察するところ、matsujunさんらが運営しているサイトの模様だ。
すごいなー、仕事が早い!コミュニティーに参加したいなぁーと思ってたのでこれは嬉しい発見だ。
AJCにはしょっちゅうお世話になっていたので、これはありがたい。


掲示板の記事を読んでいて面白かったのが、draさんの「預言者での早期ラッシュ」の記事だ。


(((( ;゚д゚))))アワワワワ
恐ろしい戦略だ。読んだだけでも、正直、勝てる気がしない。。
bassaiさんとAOEやってたときにも思ったんだけど、戦略を考えられる人ってすごいよなぁー。

RTSは戦略ゲームだから、私もそれなりに戦略を考えるけど、考えの深さが違うんだよなぁ。本当に感心するばかりである。
もうちょっと兵種のことを理解してから作戦考えるか。。


と、さて、今日は早速コブナント軍を使ってみた。
説明書を読んでみると、どうやら、コブナント軍はUNSC軍よりも早い段階で「航空兵器」と「車両兵器」が生産できる模様だ。


ほほー、と、なると、UNSC軍は初期では歩兵しか出せないから、早い段階で車両兵器を出すのとかいいかもしれないなー。
あ、しかし、スパルターンがいるから、乗っとられる可能性もあるのか。そりゃそうだよねぇ、うまく出来てんなー。。


まぁ、練習だから適当にやってみた。
コブナントの歩兵の主力兵士「グラント」を生産だ。

「グラントガンバルッ!!」といって出てきた、可愛いやつめ。

ぜひ頑張って欲しかったが、非常に弱かった。残念である。


ううーん、コブナントは、どっちかっていうと、アステカとかイロコイみたいな速攻文明なのかなぁー。兵は弱いけど、数は出る、みたいな感じだろうか。早期に航空兵器と車両兵器がでるあたりからもそんな予感がする。


ふむ、難易度もヒロイック(2番目に強い)では余裕な感じだし、ここはレジェンダリー(1番強い)で練習して、勝てるようになってからネットデビューするか。

早速レジェンダリーでプレイ。

相手はUNSC軍だ。


☆彡(ノ゜▽゜)ノ☆彡ヘ(゜▽゜ヘ)☆彡(ノ゜▽゜)ノ☆彡

…負けた。
フルボッコにされちまったぜ…

つーか、強いよ、強すぎるよ!
何で初期にそんなに戦車が出てくるんだよ!!

AOEのときのCPU戦のように、こっちの兵種がバレていて、資源にハンデがあるのかもしれないが、こりゃびっくりだぜ。

でもやるっきゃない。


打倒レジェンダリーを目標として、draさんの記事の内容を参考に考えた戦略はこうだ。
・リーダーはブルートチーフ
・オーダーは「神殿」→他はすべて「倉庫」
・最初は歩兵育成所は作らない、ユニークユニットの「ブルート」のみの生産だ。
・ブルートチーフとブルート(5,6くらい?)たちで、2つ目の基地を確保、飛行機工場を作る(ここまで急ぐ)
・序盤の兵構成は「ブルート」+「バンシー」
・兵は常に生産し続ける。
・バンシーがそろってきたら攻めに行く。


正直、ブルートチーフを選んだ理由は特にない。というか、リーダー3人いるけど、何が違うんだろ…
ただ、ブルートチーフのユニークユニットである「ブルート」が一番高額だったから採用した。本当は各ユニークユニットの情報が欲しかったけど、分からなかった。(調査不足ともいう)
やつらには高い金を払ったんだ、いい仕事をしてくれるだろう!!(出来れば歩兵に強くあって欲しい)
というわけで、ユニークユニットの特徴が分かったら、別のリーダーに変えるかもしれない。
あと、個人的にブルートチーフはダサイのであんまり好みではない。ゴリラなのだ。


この構成の弱点は、対歩兵兵士になる。敵がたくさん対歩兵兵士を作っていた場合は、即逃げることにする。自軍基地の後ろまで逃げて、タレットの力を借りることにする。
そして、レイス(対歩兵戦車)を生産してから再度攻めることにしよう。


何度かやってみたが、調子がよければ、レジェンダリーにも勝てる感じだ。ウホホーイ。


ちょっと頑張ってみて動画作成にも挑戦してみた、が、画質が半端なくしょぼい。
20分近くあって、圧縮したけど190MBもある。

当初UPするか悩んだけど、そもそもこのサイトの訪問率も高くないので、UPしてみますか。
色んな意味でしょぼいリプですが、
プレイ動画こちらからどうぞ


動画編集のことも調べないといけないなぁー。

posted by Monmonkey at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | HALO WARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。